[ HOME ] [ Download ]

TARGET frontier JV/ Download


2014.6.30  正式版 Ver5.75 を公開しました。

 

【注意】
 一部の環境下では、JV-Linkがインストールされていない状態で起動すると、エラーが出る場合があります。起動時にエラーが出た場合には、まずはJV-Linkを先にインストールしてみて下さい。

  • お使いのブラウザとコンピュータの設定によっては、ダウンロードが正常にできない場合があります。その場合は、shiftキーを押しながらクリックして下さい。 それでも出来ない場合は、ファイル名のところを右クリックし、「ファイルに保存」を選択して下さい。
  • 正常にダウンロードできたかどうか不明なときは、ファイルサイズを確認してみて下さい。
  • ファイルはそれぞれ2個所のサーバーに登録されていますので、正常にダウンロードできない場合は、他の方もお試し下さい。通常では上に書かれている方が軽いはずです。


■TARGET frontier JV Ver 5.75

正式版 最新バージョンフルセット

OS/対応機種 日本語Windows XP/2000/VISTA/7/8/8.1/10)が正常に動作するマシン
(ただし、JV-Linkも正常に動作する必要がありますので、そちらの動作環境もご確認ください)
  • CPU : 各OSの推奨程度
  • メモリ : 各OSの推奨程度
  • 画面解像度 : 1024x768(10インチ)以上を推奨(解像度が高くても画面のサイズが小さいと使いづらい可能性があります)
  • 必要HD容量 : 最低空き容量15GB(20GB以上を推奨)
  • その他 : マウス等及びキーボード(タブレット等のタッチパネルだけですと、使いづらい可能性があります)

※Windows8/8.1についてはデスクトップモードでのみ動作いたします。

※Windows10については動作の確認は随時行っており、現状では問題なく動作いたします。ただし、現状では内蔵のヘルプが利用できません。オンラインヘルプは利用可能ですので、以上をご了承の上でご利用下さい。

※WindowsXP/2000等のマイクロソフトによるサポートが終了しているOSでの動作につきましては、マイクロソフトの対応によっては、突然一部機能、あるいは全ての機能が動作しなくなる可能性も想定されますので、こちらもあらかじめご了承下さい。その場合には、速やかにマイクロソフトのサポート中のOSに移行する必要があります。

必要ソフト インターネットエクスプローラ(IPAT連動機能を利用する場合は、手動でIPATサイトにログインして投票が可能なバージョン)
インストール方法 自己解凍&自動インストール形式なので、ダウンロードしたファイルを直接実行して下さい。
ソフトウェア種別 フリーウェア


TARGET frontier JVをダウンロードする(tfjv575.exe/約6MB)

TARGET frontier JVをダウンロードする(tfjv575.exe/約6MB)

TARGET frontier JVは、JRA-VANのData Labサービスを利用した競馬データベースソフトです。また競馬予想支援ソフトとしての機能もあり、競馬新聞のかわりはもちろん、競馬のデータをあらゆる角度から検索・分析することができます。詳細は frontier JVのページをご覧下さい。

初めて TARGET frontier JVをお使いになる方は、こちらで導入の手順をご案内しておりますので、ぜひご覧下さい。

ダウンロードしたファイルを実行してもインストールがうまくいかない場合は、ダウンロードしたファイル「tfjv575.exe」を「tfjv575.lzh」とファイル名に変更し、解凍ツールでどこか適当なフォルダに解凍し、その中にある「tfsetup.exe」を直接実行して下さい。

一部の環境下では、JV-Linkがインストールされていない状態で起動すると、エラーが出る場合があります。起動時にエラーが出た場合には、まずはJV-Linkを先にインストールしてみて下さい。

IPAT連動機能は、IPATサイトの仕様等の変更やWindowsの自動アップデート等で急に利用できなくなる場合がありますのであらかじめご了承下さい。
そのような場合には出来るだけ速やかに対応する予定ですが、時間がかかる場合や対応範囲が制限される場合もありますのでご注意下さい。



■TARGET frontier JV Ver5.00 〜 -> Ver5.75差分

正式版 TARGET frontier JV バージョンアップ差分

この差分ファイルは、過去の全てのTARGET frontier JVのバージョンに対応しています。TARGET frontier(Ver3.60以前)から移行する場合は、上のフルセットをご利用ください。その場合、新しく別のフォルダにインストールし、別々のソフトとして利用して下さい

◆バージョンアップの方法

TARGET frontier JVを起動し、メニューのヘルプの中の「半自動バージョンアップ」を実行して下さい。ファイル名を尋ねられますので、半角数字で、575とだけ入力して下さい。あとは指示通りに行うだけです。自動的にインターネットに接続しますので、常時接続でない場合はダウンロード完了後に回線を切ってください。

 →「書き込みエラー」となるような場合には、解凍ボタンを押すタイミングをさらに遅くしてください。
 →ダウンロード時や解凍時にエラーとなる場合には、その間だけ、セキュリティソフトの機能を停止させてからお試しください。
 →Windows VISTA,WIndows 7,Windows 8でエラーになる場合には、ターゲット起動用のアイコンを右クリックして、管理者として実行してからバージョンアップを実行してみて下さい。

以前のバージョンからの追加機能については、こちらを参照して下さい。

 

また、上記の方法でうまくいかない場合には次の方法もお試しください。

TARGET frontier JVをバージョンアップするには、

  1. 差分ファイル(Ver5.75)をこちらまたはこちらからダウンロードする。
  2. TARGET frontier JVを起動する。
  3. メニューの中のオプション→フォルダを開く→プログラムフォルダ
    を実行すると、エクスプローラが起動されます。
  4. TARGET frontier JVを終了させます。
  5. ダウンロードしたファイルをそのフォルダにコピーし、 そこで実行し、そのまま解凍すれば、バージョンアップはそれで完了です。
    (注意)ダウンロードしたファイルは実行形式のファイルですから、 エクスプローラ等で直接ドラックアンドドロップすると、 ショートカットが作られてしまう場合がありますので、右クリックして「送る」を 利用するか、あるいは右クリックしたままドラッグ&ドロップして 「コピー」か「移動」を選択して下さい。
  6. TARGET frontier JVを再度起動して、画面上部のタイトルバーのバージョンを 確認して下さい。

 


[ HOME ] [ Download ]